朝ぼらけタイガー

読んだ本のレビューが中心です。ランニングなどその他趣味の話も。NPOや自治体など「公益組織」向けのコンサルティングが本業です。元はwebディレクター。

follow us in feedly

8月の走行距離は131.8㎞でした

東京マラソンへの出場が確定して1ヶ月が過ぎました。

 

9月も1周間過ぎてしまいましたが、8月のトレーニングの振り返りです。

 

f:id:minutes22:20160908005426j:plain

 

8月の月間走行距離は、131.8kmでした。

 

ここ最近ずっと100km超えることなんてまずなかったのでまぁまぁ走れたなとは思うのですが、目標は150kmだったので、達成率でいうと約88%で未達でした。

 

以下、ざっくり振り返り。

 

インターバル走とビルドアップ走

先日読んだ小出監督の本(レビュー:『マラソンは毎日走っても完走できない』ポイントは「つくる」「ほぐす」「維持する」)に従い「脚を作り、心肺機能を鍛えるためのトレーニング」ということを意識して紹介されていた2種類のトレーニングを採り入れました。

インターバル走はハイペースとゆっくりペースを交互にやるというもので、ビルドアップ走はゆっくりペースからスタートして徐々にスピード上げていってトップスピードでゴールというもの。どちらも短時間、短距離でも心肺を追い込むことができるという特徴があります。これまでは気分転換にということでしか走ってなかったのですが、鍛えるという視点で走り出すとまた違った感覚で楽しいです。総距離がまだ絶対的に足りていないのでたまにしかやってないのですが、短時間しか時間取れなくてもトレーニングできるということが分かると気持ち的に余裕がでます。

 

Runtastic導入

これまでRunkeeperだったのですが、Runtasticに乗り換えました。Runtasticの「インターバル走」と「音声コーチ」の機能が良い感じで、前述のインターバル走をやるのには最適です。個人的にはビルドアップ走はなんとなく感覚でいけるのですが、インターバル走は時間か距離を細かく測る方がやりやすいので便利なアプリに頼ります。

例えばRuntasticでは25分と40分のインターバル走があるのですが、25分版では10分ジョグの後、1分ハイペース&1分ゆっくりを5セット、5分クールダウンという立て付け。1分ごとに音声案内が入り、「3,2,1,...Go!」と煽ってくれるのが超楽しいです。

 

7〜12kmの平均ペースが5分30秒程度に

インターバル走の効果が出ているのかトレーニングしようという意識のなせる業なのか平均ペースが上がりました。これまで5分40〜6分くらいで走ることが多かったのですが、5分30秒まで上がってきました。本番ではいちおうサブ4が目標なので、もう少し上げて平均5分20秒で15〜20km行けるようになるとだいぶ良いと思う。ここからまた追い込むのは辛いけども。まぁ私の場合体重落とせばそれでいける気がしますが、なかなか減らないもので。。

 

出張ランが楽しい

「旅先で走る」というのにずっと憧れていたのですが、これまでそんなに余裕のある旅行をすることができませんでした。

ちょうど地方出張の多い仕事になったということで憧れを実践することに。

8月は島根県雲南市斐伊川沿いを8kmと、京都で東寺〜鴨川沿い〜京都御所まで10kmの2度の地方ランをすることができました。いつもと違うところ、しかも良い景色を見ながら走るのすごい楽しいです。いつも走る時間取れるわけではないというか京都なんかは完全に睡眠時間削って走ってましたが、無理のない範囲で続けていきたいです。

 

一人前の公益コンサルタントを目指して

ちなみにといいますか、今回の東京マラソンチャリティランのそもそもの目標は「一人前の公益コンサルタントになる」です。忘れてません。

そちらの方の振り返りも少しだけ。

 

がんばってはいますが、なかなかうまくいくことばかりではない。ですね。

 

思うようにできないことが多くなかなか厳しい毎日です。根本的に楽しいのでまだまだがんばりますし、がんばり足りないのですが、メインKPI的なところの達成率で言うとなんと驚愕の0%達成のクソっぷりでありましたし、もろもろ成長不足を痛感する日々です。正直、精神的にも頭の回転的にもエンストしかけていた日の多かった8月でした。エンストの原因が自分でもよく分からず困っていたのですが、月末にエンジンをかけ直すことができた気がしています。走って落ち着いて考えてみれば何事もそんな器用にできるタイプじゃないので愚直に真摯にやるしかないのでした。とにかくまたアクセル踏み込んでいければと思っています。

 

ということで、月一のトレーニングレポートは今後も続けていきたいと思います。