朝ぼらけタイガー

読んだ本のレビューが中心です。ランニングなどその他趣味の話も。NPOや自治体など「公益組織」向けのコンサルティングが本業です。元はwebディレクター。

follow us in feedly

【東京マラソンチャリティクラウドファンディングに挑戦】【一人前の公益組織コンサルタントを目指して】

f:id:minutes22:20160712012431j:plain

 

東京マラソン2017にエントリーすることになりました。

 

10万円の寄付を集めて東京マラソンを走ります。ご協力をお願い致します。

www.runwithheart.jp

 

こちらのページでクラウドファンディングを実施中です。

 

東京マラソンでチャリティクラウドファンディングって何?

近年多くのマラソン大会で「チャリティ枠」というものが用意されています。

人気が高く定員が埋まりがちなマラソン大会で、NPO等の指定の団体への寄付を行うことで特別枠としてマラソン大会にエントリーすることができる、という仕組みです。

 

チャリティ枠のエントリー金額は【10万円】なのですが、東京マラソンではこのエントリーにクラウドファンディングの仕組みを取り入れています。

 

つまり10万円の寄付は、自分自身で出しても良いし、多くの方から募っても良いということ。

 

むしろたくさんの方からのご支援を募ることで、多くの方に社会貢献について考えてもらうきっかけにしていこう、という狙いが期待されています。

 

なぜこの取組みに挑戦するのか?

きっかけは会社の人に誘われたことです。一緒に挑戦することになりました。

 

ですが、せっかくの機会ですので、改めて自分なりの目的を考えなおしてみました。

その目的とは、

【一人前の公益組織コンサルタントとなるための挑戦の機会とすること】

です。

 

私はこの5月に転職をしました。新卒から丸6年間勤めた楽天株式会社を辞め、現在は株式会社PubliCoという会社でNPOや自治体などの「公益組織」向けの経営支援を行っています。

 

大学時代からボランティアコーディネートや児童養護施設でのボランティア活動を行い、就職してからもいろいろなNPOプロボノ活動をしてきた私にとってはNPOを支援するという形でソーシャルセクターにがっつりと関わることができるようになった今回のキャリアチェンジは非常にチャレンジングでありながらもワクワクとするものです。

現在転職3ヶ月目に突入し、毎日刺激的な日々を過ごしております。

 

個人的には日々学ぶところも多く良い経験をさせていただいておりますが、一方で自分自身の実力不足・経験不足も日々痛感しています。コンサルとしての経験もないですし、NPO支援の経験も代表の二人に比べると圧倒的に足りていません。

 

そんな中で今回のこのクラウドファンディングのチャレンジは自分自身が一人のファンドレイザーとして実体験としての経験を積むまたとない機会だと捉えました。

 

また、フルマラソンを走るということも大きな挑戦です。フルマラソン自体は4年前に一度完走経験があるのですが、当時と今とでは走っている頻度も量も半分以下に落ちています。

 

転職し、生活のリズムが変わったというのは走れなくなっている分かりやすい理由ではあるのですが、いつまでもそれを言い訳にしていては新たなことには何も挑戦できなくなってしまいます。ベンチャーコンサルティング会社として立ち上がってまだ1年弱の弊社はまだまだ様々な面が整備されておらず、何もかもが自由です。言い方を変えれば誰も管理してくれません。すべて自分で管理していく必要があります。自己管理能力が超大事。

 

ということで、「公益組織のコンサルタントとしてクラウドファンディングという寄付の実体験を積む」と同時に、マラソンのトレーニングをしっかりと本番に向けて取り入れていくことを通じて「一人前のコンサルタントとしての自己管理能力、タスク管理能力を身につける」ことも目指したいと思います。

 

この2つの達成を目指しながら通常の業務もこなしていくことで、東京マラソンを走り終える来年2月末までには【一人前の公益組織コンサルタント】として胸を張って働けるようになれるのではないかと思います。

 

以上です。

 

今後も今回のチャレンジの記録を少しずつこちらのブログに更新していきたいと思います。考えていることの他、トレーニングの記録など。

 

次回は「なぜ支援先として【子ども支援】の活動を選んだのか?」という点を書きたいと思います。トレーニングだけでなくこのブログも3日坊主にならないようにがんばります。

 

www.runwithheart.jp