読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝ぼらけタイガー

読んだ本のレビューが中心です。ランニングなどその他趣味の話も。NPOや自治体など「公益組織」向けのコンサルティングが本業です。元はwebディレクター。

follow us in feedly

レビュー:『ちいさな カタコトイタリア語ノート』下手な旅行会話本より実地で使える

11:書評 旅行 海外 エッセイ 紀行文 語学

先日イタリア旅行に行く際に飛行機の中で読んだ本です。

 

ちいさなカタコト*イタリア語ノート―フォトエッセイとイラストで楽しむ

ちいさなカタコト*イタリア語ノート―フォトエッセイとイラストで楽しむ

 

 

"お勉強"では気乗りしない方におススメ

海外旅行、それも英語圏ではない場所に行くなら少しでも現地の言葉を覚えていきたいですよね。

 

とはいえいくつかの挨拶とカンタンな単語以上の文章や会話文は付け焼き刃ではなかなか覚えられません。

 

そこで今回選んでみたのがこの本。

 

直前まで準備の時間もあまり取れなかった今回の旅行。飛行機の中でいまさら会話文読んでも頭に入らないだろうなと思い、どうせなら楽しく読めそうなものを選びました。

 

本書はエッセイ風の語学ノートです。

章立てを見ると、

  • 気持ちを伝えるGrazie!
  • バールで朝食を
  • 洋服店・靴屋で

など具体的な場面ごとになっており、語学の会話本と似たような雰囲気ですね。

 

中を開いてみると、写真やイラストがたっぷりと使われたエッセイになっています。

旅行中のいろいろな場面で実際に使われる会話を著者の実際のイタリア経験をもとに紹介してくれます。

 

旅行体験記風なので、自分のこれからの旅行のワクワクを増しながらどんどん読み進めることができました。

 

著者の体験を元にしたエッセイだからこそ実際に使える

楽しくイタリアの予習ができれば良いや、というぐらいの軽い気持ちで読んだ本でしたが、後から振り返ってみるとかなり実際の場面で役立ちました。

 

まず、一冊通して読んでしまえたことでいろいろな場面についてある程度心構えができたこと。

 

とくに写真をふんだんに使っているのが良いです。しかもこの写真の何が良いって、いわゆるガイドブック的な本格的なキレイな写真ではなく、実際に著者が自分のカメラで撮った写真が使われていること。個人の旅行の写真っぽくてテンションあがります。

 

次に、体験を元にしたエッセイで紹介されるエピソードは実際に現地で再現されるものがかなり多かったことも良かった。

 

例えばリストランテやトラットリアでの食事の場面。

 

注文の仕方の例文が載っているのは当然として、まずはメニューの写真を紹介してメニューの見方をあらかじめ覚えておくように書いてあったり、店員さんから聞かれる質問などが具体的に紹介してあります。

 

メニューを渡されて、まず聞かれるのが飲み物の注文。

Da bare?(飲み物は?)

と聞かれるので、もしお水を飲みたい時は次のように言います。

(中略)

とここで一つ注意点!

お水には「ガス入り」と「ガスなし」があり、通常何も言わなければ「ガス入り」が出てくることが多いので、…

 

といったような感じ。このDa bare? という質問実際に何度か聞かれる場面があったのですが、非常に落ち着いて応答することができました。

(回答自体は英語で行うことが多かったです。こちらからの回答は英語で通じることがほとんどなので、質問さえ聞き取れれば困らない場面が多い)

 

実際に観光地では旅行者と分かっているので最初から英語で話しかけてくれる場面も多いのですが、上記の「飲み物は?」のようなカンタンな質問はそのままイタリア語で飛んで来ることがけっこうあります。まぁ当然ですけどね。こういうフレーズに瞬時に反応できると、旅行の楽しさがグッと増します。

 

ひとことフレーズがどんな場面で、そしてどんな気持ちで現地の人が使っているのかということがたくさん書かれているのでこの本で見かけた言葉を聞くたびに楽しい気持ちになりました。

 

ということでオススメです。というかイタリアがものすごくオススメです。超楽しい。

あとで旅行記も書こう。

 

同じシリーズで、英語・フランス語・ドイツ語・スペイン語・韓国語・タイ語なども出ているようですので、そっち方面に行く方も良いかも。

 

注意点としては、非常にサクッと読めてしまうので、イタリアまでのフライト中の暇をこの本だけで潰すのは難しいということ。1時間ぐらいで読んでしまえますので読書で暇つぶししたい方は他にも持って行きましょう。

 

ちいさなカタコト*イタリア語ノート―フォトエッセイとイラストで楽しむ

ちいさなカタコト*イタリア語ノート―フォトエッセイとイラストで楽しむ