堤大介のブログ - 朝ぼらけタイガー

NPOなど公益組織のコンサルタント。NPO関連の話題の他、読んだ本のレビューなどを書きます。

follow us in feedly

上級ウェブ解析士に合格しました

3、4月に講座を受講していた「上級ウェブ解析士」、つい合格通知が届き無事に認定を受けることができました。 上級ウェブ解析士とはどんな資格か? ウェブ解析士は一般社団法人ウェブ解析士協会(WACA)が認定する資格で、ウェブ解析の知見を活かして事業の…

レビュー : 『暗闇でも走る』前向きでひたむきなエネルギーは”暗闇”を知るからこそ

事業内容やコンセプトに非常に共感しずっと応援している「キズキ共育塾」。経営されている安田さんの本が出るらしいことを本人のTwitterで見かけてからずっと楽しみにしていたのですが、ついに出版されたということで早速買って読みました。感想書くのだいぶ…

ウェディングドネーションの御礼とご報告

3月末から実施しておりましたウェディングドネーションについて、支援先NPOへの振込まですべて完了しましたのでご報告です。 ※開始時の記事はこちら 22minutes.hatenablog.com まずは以下が寄付金合計と支援先NPOへの振込の内訳です。 合計金額:413,280円 …

ベンチマークメール主催「メールマーケティングプロジェクトの進め方」に登壇しました

21日はベンチマークメールさんの「メールマーケティングプロジェクトの進め方」というセミナーで講師をさせていただきました。 ◆セミナーの様子 セミナー全体の立て付けはメイン講師の前田考歩さんが最近出版された本(予定通り進まないプロジェクトの進め方…

レビュー : 『ファンベース』NPOマーケティングの楽しさと可能性を強烈に再認識できる本

ワタクシ、好きな本を見つけるといろいろオススメてして歩く癖を持っております。ここ最近書評自体はすっかりご無沙汰になってしまっていましたが、本は読み続けていますし、リアルで会った方たちと本の話をする機会があればすかさず本をオススメして生活し…

ファスティングで健康で文化的で持続可能な生活を手に入れた話

4月の頭からファスティング(断食)に挑戦しました ミネラルファスティング ファスティングにも色々やり方があるそうなのですが、私が挑戦したのはミネラルファスティングというもの。 酵素ドリンクで最低限の栄養やエネルギーを摂取しながら行う安全なファ…

株式会社STYZに転職しました。

改めての報告が遅くなりましたが、今月より株式会社STYZで働いております。 楽天を辞めたのが2016年の4月。PubliCoでは2016年5月から2018年3月までの約2年間を過ごしました。たった2年だったとは思えないほどに濃く、充実したPubliCoでの日々の中から学んだ…

結婚の報告と、ウェディングドネーション(お祝い金の寄付)のお願い

【結婚のお知らせと、ウェディングドネーション(お祝い金の寄付)のお願い】 3月21日に婚姻届けを提出しました。 年明けぐらいから少しずつご報告はさせていただいておりましたが、 直接ご報告できない方々もたくさんいるので、こちらでご報告させていただ…

2017年読んで面白かった本10冊

2018年が始まってあっという間に1月上旬も過ぎさってしまいそうですが、やっと新年初投稿です。今年も昨年読んだ本のまとめから。 昨年読んだ本のうちマーケティングなど仕事関連の実務本は除いて選びました。全10冊のうち、前半8冊が小説以外の本。残りの2…

つくば市で「子育てde国際交流 in Ibaraki」に参加してきました

本日はつくば市役所で開催された「子育てde国際交流 in Ibaraki」というイベントに出席してきました。 このイベントはつくば市のNPO法人kosodateはぐはぐが主催するもので、kosodateはぐはぐが事業として実施しているホームスタートというイギリス発祥の家庭…

レビュー:『ルポ 児童相談所』熱さを丁寧な取材に込めた真摯なルポルタージュ

金融のプロとして働く傍らNPO法人Living in Peaceを設立し日本の社会的養護下の子ども支援活動をしている慎さんによる著作。 国内の子ども支援関係者にはぜひとも読んで欲しい一冊です。 ルポ 児童相談所: 一時保護所から考える子ども支援 (ちくま新書1233) …

LIFE SHIFT時代のニッポンについて考える本 − 『LIFE SHIFT』について語るときに僕の語る本 ④

これまでの記事では個人の視点から『LIFE SHIFT』について考えたいポイントについて述べてきました。第4弾となる本記事では少し視点を変え、『LIFE SHIFT』時代の日本社会とはどういうものか、私たちが人生100年を生きる社会の姿を考えるためのヒントになり…

『100の基本 松浦弥太郎のベーシックノート』で活力資産を貯める生き方を考える − 『LIFE SHIFT』について語るときに僕の語る本 ③

先の2つの記事では主に「マルチステージの人生」というキーワードについて考えてきましたが、本記事では『LIFE SHIFT』において掲げられていたもう一つな重要なキーワードについて考えてみます。 「活力資産」は働くことで損なわれる?

『働く意義の見つけ方』『自分をいかして生きる』で「働くこと」について考える − 『LIFE SHIFT』について語るときに僕の語る本 ②

『LIFE SHIFT』を読んででまず強烈に感じるのは「働き続ける必要がある」ということです。もっといえば「自分の生活を成り立たせ続けるためには働き続ける必要がありそうだ」ということ。 日々の仕事に忙殺されすぎていたり、仕事の楽しさを見出しにくいとい…

『LIFE SHIFT』について語るときに僕の語る本 ① − 『LIFE SHIFT』のまとめと振り返り

雑誌を読んだことをきっかけに改めて『LIFE SHIFT』についての自分の考えを振り返りながら整理したのですが、今回は『LIFE SHIFT』に関連して読んだ本と一緒に整理してみたいと思います。 基本的に自分の考えの整理のための記事ですが(なので恐ろしく長いで…

2016年読んで面白かった本10冊

2017年一発目の投稿は昨年のまとめから。 昨年は自分の読書のテーマである「他ジャンルを幅広く」があまり実践できなかったのでまとめ記事やらないつもりだったのですが、2014年、2015年とせっかく続けていたので書くことにしました。 昨年「幅広く」本を読…

レビュー:『走ることについて語るときに僕の語ること』"走ること"にまつわる素晴らしきメモワール。

村上春樹は走る作家。そのことは知っていたのですが、この本を読んで認識を改めました。 村上春樹は「かなり」走る作家、でした。

8月の走行距離は131.8㎞でした

東京マラソンへの出場が確定して1ヶ月が過ぎました。 9月も1周間過ぎてしまいましたが、8月のトレーニングの振り返りです。 8月の月間走行距離は、131.8kmでした。 ここ最近ずっと100km超えることなんてまずなかったのでまぁまぁ走れたなとは思うのですが、…

【御礼】東京マラソンチャリティクラウドファンディング10万円達成

先日よりこのブログの他、Facebook・Twitterなどでもお騒がせしていた東京マラソン2017のチャリティランナーとしてのクラウドファンディングですが、昨夜無事に10万円を達成することができました。 ご支援、応援いただいた皆さま本当にありがとうございまし…

レビュー:『マラソンは毎日走っても完走できない』ポイントは「つくる」「ほぐす」「維持する」

東京マラソンに向けてチャリティランナーとしてクラウドファンディングに挑戦中です。 挑戦を表明した日にさっそく購入したのがこちらの本。 マラソンは毎日走っても完走できない―「ゆっくり」「速く」「長く」で目指す42.195キロ (角川SSC新書) 作者: 小出…

なぜ「育て上げネット」さんを寄付先に選んだか?子ども支援との関わり[東京マラソンチャリティラン]

東京マラソンへのクラウドファンドファンディングによる挑戦も本日で3日目です。 ちなみにこの挑戦は先着3,000人で締め切られますので、いつまでに達成すれば良いのかというのは不透明です。不安ですねー さて、東京マラソンのブログ更新も2回目。本日は寄付…

【東京マラソンチャリティクラウドファンディングに挑戦】【一人前の公益組織コンサルタントを目指して】

東京マラソン2017にエントリーすることになりました。 10万円の寄付を集めて東京マラソンを走ります。ご協力をお願い致します。 www.runwithheart.jp こちらのページでクラウドファンディングを実施中です。 東京マラソンでチャリティクラウドファンディング…

レビュー:『人生なんて無意味だ』世界は多様で、不条理で、残酷で、無意味だ。

今年読んだ本の中で衝撃度ではこの本が一番。 人生なんて無意味だ 作者: ヤンネ・テラー 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2011/11/23 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 29回 この商品を含むブログ (7件) を見る あらすじ ある日クラスの男子ピエールが…

企業の社会貢献アプリがブランドと社会課題解決を両立させる3つの要素

先日のアースデー支援のキャンペーンとしてAppleがitunes storeで特集していたアプリ特集※に関連してForbesで面白い記事が出ていました。 www.forbes.com ※…アプリ内での課金による収益金がWWFに寄付され環境保護活動に使われる、というキャンペーン。Apps f…

レビュー:『ちいさな カタコトイタリア語ノート』下手な旅行会話本より実地で使える

先日イタリア旅行に行く際に飛行機の中で読んだ本です。 ちいさなカタコト*イタリア語ノート―フォトエッセイとイラストで楽しむ 作者: 高坂千秋 出版社/メーカー: 国際語学社 発売日: 2014/11 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る "お勉強"では気乗…

仲間内のイベントの集金アプリ「Tilt」が面白そう

年々盛り上がりを見せるクラウドファンディング市場ですが、海外では"お金を募る"やり方として新たな形が登場してきています。 「Tilt」というサービス。アメリカから始まったサービスで、現在欧米8カ国で展開中のようです。今回オーストラリアでサービスイ…

レビュー:『さよならは小さい声で』"ていねいに暮らす"とは

ひさしぶりの更新。新幹線に乗る機会があり、時間が空いたので書いてみた。 読み終わってて書きたい本はかなり溜まっているんだけど、 なかなかできていない。 そんな、慌ただしい日々を落ち着けたいときの一冊。 さよならは小さい声で (PHP文庫) 作者: 松浦…

世界史の中の宗教を知るために読み始めた本4冊

読書をする中でテーマを決めて、関連する本を読むことがあります。 2014年は「歴史」がテーマで、宇宙の歴史から生物の歴史、世界史と少しずつ進めました。 2015年は世界史から派生する形で「宗教、とくに欧米の文化や歴史を知るためのキリスト教」をテーマ…

レビュー:「こんな夜更けにバナナかよ」福祉・ボランティアルポの傑作

大学時代に何度も読んだ本。昨年まで2年間活動した施設での学習支援ボランティアが佳境に入ったタイミングで久しぶりに読みました。 福祉もの・ボランティアもののルポルタージュとしては自分が知る中で最高の一冊です。 こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・…

寄付のポートフォリオを組む

「お金」が今年のテーマの一つ さて、今年いくつか意識していこうとしている目標的なものの中に「お金」というテーマがあります。 貯金とか奨学金の返済とか、日々のお金の使い方などなどもろもろ見直していきたいのですが、使い方という点では「寄付」につ…