朝ぼらけタイガー

読んだ本のレビューが中心です。ランニングなどその他趣味の話も。NPOや自治体など「公益組織」向けのコンサルティングが本業です。元はwebディレクター。

follow us in feedly

LIFE SHIFT時代のニッポンについて考える本 − 『LIFE SHIFT』について語るときに僕の語る本 ④

これまでの記事では個人の視点から『LIFE SHIFT』について考えたいポイントについて述べてきました。第4弾となる本記事では少し視点を変え、『LIFE SHIFT』時代の日本社会とはどういうものか、私たちが人生100年を生きる社会の姿を考えるためのヒントになり…

『100の基本 松浦弥太郎のベーシックノート』で活力資産を貯める生き方を考える − 『LIFE SHIFT』について語るときに僕の語る本 ③

先の2つの記事では主に「マルチステージの人生」というキーワードについて考えてきましたが、本記事では『LIFE SHIFT』において掲げられていたもう一つな重要なキーワードについて考えてみます。 「活力資産」は働くことで損なわれる?

『働く意義の見つけ方』『自分をいかして生きる』で「働くこと」について考える − 『LIFE SHIFT』について語るときに僕の語る本 ②

『LIFE SHIFT』を読んででまず強烈に感じるのは「働き続ける必要がある」ということです。もっといえば「自分の生活を成り立たせ続けるためには働き続ける必要がありそうだ」ということ。 日々の仕事に忙殺されすぎていたり、仕事の楽しさを見出しにくいとい…

『LIFE SHIFT』について語るときに僕の語る本 ① − 『LIFE SHIFT』のまとめと振り返り

雑誌を読んだことをきっかけに改めて『LIFE SHIFT』についての自分の考えを振り返りながら整理したのですが、今回は『LIFE SHIFT』に関連して読んだ本と一緒に整理してみたいと思います。 基本的に自分の考えの整理のための記事ですが(なので恐ろしく長いで…

2016年読んで面白かった本10冊

2017年一発目の投稿は昨年のまとめから。 昨年は自分の読書のテーマである「他ジャンルを幅広く」があまり実践できなかったのでまとめ記事やらないつもりだったのですが、2014年、2015年とせっかく続けていたので書くことにしました。 昨年「幅広く」本を読…

レビュー:『走ることについて語るときに僕の語ること』"走ること"にまつわる素晴らしきメモワール。

村上春樹は走る作家。そのことは知っていたのですが、この本を読んで認識を改めました。 村上春樹は「かなり」走る作家、でした。

8月の走行距離は131.8㎞でした

東京マラソンへの出場が確定して1ヶ月が過ぎました。 9月も1周間過ぎてしまいましたが、8月のトレーニングの振り返りです。 8月の月間走行距離は、131.8kmでした。 ここ最近ずっと100km超えることなんてまずなかったのでまぁまぁ走れたなとは思うのですが、…

【御礼】東京マラソンチャリティクラウドファンディング10万円達成

先日よりこのブログの他、Facebook・Twitterなどでもお騒がせしていた東京マラソン2017のチャリティランナーとしてのクラウドファンディングですが、昨夜無事に10万円を達成することができました。 ご支援、応援いただいた皆さま本当にありがとうございまし…

レビュー:『マラソンは毎日走っても完走できない』ポイントは「つくる」「ほぐす」「維持する」

東京マラソンに向けてチャリティランナーとしてクラウドファンディングに挑戦中です。 挑戦を表明した日にさっそく購入したのがこちらの本。 マラソンは毎日走っても完走できない―「ゆっくり」「速く」「長く」で目指す42.195キロ (角川SSC新書) 作者: 小出…

なぜ「育て上げネット」さんを寄付先に選んだか?子ども支援との関わり[東京マラソンチャリティラン]

東京マラソンへのクラウドファンドファンディングによる挑戦も本日で3日目です。 ちなみにこの挑戦は先着3,000人で締め切られますので、いつまでに達成すれば良いのかというのは不透明です。不安ですねー さて、東京マラソンのブログ更新も2回目。本日は寄付…

【東京マラソンチャリティクラウドファンディングに挑戦】【一人前の公益組織コンサルタントを目指して】

東京マラソン2017にエントリーすることになりました。 10万円の寄付を集めて東京マラソンを走ります。ご協力をお願い致します。 www.runwithheart.jp こちらのページでクラウドファンディングを実施中です。 東京マラソンでチャリティクラウドファンディング…

レビュー:『人生なんて無意味だ』世界は多様で、不条理で、残酷で、無意味だ。

今年読んだ本の中で衝撃度ではこの本が一番。 人生なんて無意味だ 作者: ヤンネ・テラー 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2011/11/23 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 29回 この商品を含むブログ (7件) を見る あらすじ ある日クラスの男子ピエールが…

企業の社会貢献アプリがブランドと社会課題解決を両立させる3つの要素

先日のアースデー支援のキャンペーンとしてAppleがitunes storeで特集していたアプリ特集※に関連してForbesで面白い記事が出ていました。 www.forbes.com ※…アプリ内での課金による収益金がWWFに寄付され環境保護活動に使われる、というキャンペーン。Apps f…

レビュー:『ちいさな カタコトイタリア語ノート』下手な旅行会話本より実地で使える

先日イタリア旅行に行く際に飛行機の中で読んだ本です。 ちいさなカタコト*イタリア語ノート―フォトエッセイとイラストで楽しむ 作者: 高坂千秋 出版社/メーカー: 国際語学社 発売日: 2014/11 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る "お勉強"では気乗…

仲間内のイベントの集金アプリ「Tilt」が面白そう

年々盛り上がりを見せるクラウドファンディング市場ですが、海外では"お金を募る"やり方として新たな形が登場してきています。 「Tilt」というサービス。アメリカから始まったサービスで、現在欧米8カ国で展開中のようです。今回オーストラリアでサービスイ…

レビュー:『さよならは小さい声で』"ていねいに暮らす"とは

ひさしぶりの更新。新幹線に乗る機会があり、時間が空いたので書いてみた。 読み終わってて書きたい本はかなり溜まっているんだけど、 なかなかできていない。 そんな、慌ただしい日々を落ち着けたいときの一冊。 さよならは小さい声で (PHP文庫) 作者: 松浦…

世界史の中の宗教を知るために読み始めた本4冊

読書をする中でテーマを決めて、関連する本を読むことがあります。 2014年は「歴史」がテーマで、宇宙の歴史から生物の歴史、世界史と少しずつ進めました。 2015年は世界史から派生する形で「宗教、とくに欧米の文化や歴史を知るためのキリスト教」をテーマ…

レビュー:「こんな夜更けにバナナかよ」福祉・ボランティアルポの傑作

大学時代に何度も読んだ本。昨年まで2年間活動した施設での学習支援ボランティアが佳境に入ったタイミングで久しぶりに読みました。 福祉もの・ボランティアもののルポルタージュとしては自分が知る中で最高の一冊です。 こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・…

寄付のポートフォリオを組む

「お金」が今年のテーマの一つ さて、今年いくつか意識していこうとしている目標的なものの中に「お金」というテーマがあります。 貯金とか奨学金の返済とか、日々のお金の使い方などなどもろもろ見直していきたいのですが、使い方という点では「寄付」につ…

2015年読んで面白かった本15+1冊

今年は100冊読破を目標に掲げていたのですが、達成率は8割程度。 あまり良くないのですが、全体的に読み応えのある本をこなしていたので満足感はわりとあります。 そんな今年読んだ本たちの中から特に面白かった本をご紹介。 今年もジャンルはバラバラ。紹介…

レビュー:『小春日和』おとなになってビルドゥングスロマンを振り返る

どうも。ご無沙汰しています。2ヶ月以上ぶりの更新。 小春日和(インディアン・サマー) (河出文庫―文芸コレクション) 作者: 金井美恵子 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 1999/04 メディア: 文庫 購入: 4人 クリック: 15回 この商品を含むブログ (75件)…

レビュー:『彦左衛門外記』歴史の虚構性を暴く"まじめにいいかげん"な周五郎の異色作。

本日は、昨年末に読んだ周五郎です。 彦左衛門外記 (新潮文庫) 作者: 山本周五郎 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1981/09/29 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (4件) を見る 年末に読むものって選ぶの毎回迷うんですよね。なんとなく年明けには新年1冊…

レビュー:『阿房列車』行けども、行く。ただただ行く。列車旅の魅力。

内田百閒初めて読みました。 夏目漱石の門下生なんですよね。 そういえば年末からお師匠である夏目先生の『吾輩は猫である』をちびちびと読み進めてるのですが、全然読み終わりません。もの すっごい長い。 まぁそれは良いとして、本日のレビューをば。 阿房…

レビュー:「脳が冴える15の習慣」ライフハックの背景を理解する

池谷裕二先生の「脳には妙なクセがある」を読んだ後、欲しい物リストの中から思い出して読んだ本です。 脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める (生活人新書) 作者: 築山節 出版社/メーカー: 日本放送出版協会 発売日: 2006/11 メディア: 新書 購入:…

レビュー:「梅咲きぬ」いちりき節全開の”人情子育てグルメ”小説

あけましておめでとうございます。 新年一発目の更新ですが、昨年読んだ本です。 感想書いてない読了本が溜まっているので、しばらくは去年読んだ本が続きます。 本日は、山本一力さん。けっこう好きな歴史小説家さんです。 年末も残すところ2、3日というタ…

2014年の振り返りと2015年の目標

今年もあと数時間で終わりです。 昨年は大晦日から旅行に出かけていたのですが、今年は実家でゆっくりしております。 紅白見ながらブログ書いてます。 年末っぽく一年の振り返りと来年の目標を立ててみようかなと思います。 なんだかんだ本のことしか書いて…

レビュー:「数学文章作法 基礎編」なぜ"形式"にこだわるべきなのか?

久しぶりに文章系の本を読みました。 読んだ理由はボランティアスタッフとして関わっているNPOで文章を書く機会が出てきたためです。 普段は児童養護施設で子どもたちに勉強を教える、という完全に現場に出る活動に携わっているのですが、最近新たに関わり始…

2014年読んで面白かった本15冊

せっかく本の感想をブログに書き始めたので、まとめ記事も書いてみようと思います。 年末になるとよくまとめやランキングの記事を見て、知らなかった面白そうな本を見つけるの楽しいので、僕の記事でもどこかの誰かが新たな本を読むきっかけになったら嬉しい…

レビュー:「海と毒薬」良心にまみれて生きる

遠藤周作はエッセイを何冊か読んでいたのですが、小説はこれが初めてでした。 確か母の本棚に「沈黙」が置いてあって、小学生ぐらいの頃から「読んでみたら」と言われていた気がするのですが、結局読まないまま大人になってしまっていました。 海と毒薬 (新…

レビュー:「人間の建設」情緒、あるいは世界の始まり

50年前に行われたあまりに知的な雑談 文芸評論の大家小林秀雄と大数学者岡潔の対談。 人間の建設 (新潮文庫) 作者: 小林秀雄,岡潔 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2010/02/26 メディア: 文庫 購入: 11人 クリック: 88回 この商品を含むブログ (60件) を見…